ソフトコンタクトレンズ一覧

このページでは私が知りうる限りのすべてのソフトコンタクトレンズを一覧しています。リンク先のページには、各コンタクトレンズの詳細データや、評判、ネット通販を利用して買う際の価格比較表などを記載しています。

コンタクトレンズ購入時の比較検討などに役立てていただければ、と思います。

1day

1日で使い捨てるレンズです。毎日新しいものに取り替えることができるため、清潔で、健康的です。ケアの必要もなく手軽ですが、もっともコストがかかります。

ジョンソン・エンド・ジョンソン

アルコン

クーパービジョン

ボシュロム

メニコン

シード

アイレ

シンシア

シンシア&パレンテ(共同開発)

2week

1dayに比べはるかにコストを抑えることができますが、ケアの必要があります。ケアが不充分だったり、使用期限を超過したレンズを使っていたりすると、アレルギー症状など目のトラブルが発生してしまうことがあります。正しい使い方を心がけましょう

ジョンソン・エンド・ジョンソン

アルコン

クーパービジョン

ボシュロム

シード

ロート

メニコン

1month

1monthと2weekのランニングコストはほぼ同等です。1ヶ月使用できる分汚れや破損にへの耐性は2weekより高めですが、だからといってケアを怠っていいわけではありません。むしろ、1枚のレンズを1ヶ月使うので、より丁寧なケアが必要になります。

HOYA

アルコン

長期タイプ(コンベンショナル)

使い捨てでないソフトコンタクトレンズ。それが、長期タイプ(コンベンショナル)です。今では使い捨てタイプが主流になってしまったために認知度はだいぶ低くなってしまいましたが、使い捨てに比べかなりコストが抑えられることから、今でも愛用されている方は多くいらっしゃいます。

トーメーコンタクトレンズ

※ファシル14の販売はシードが行っています。

スポンサーリンク