視力ってどれくらいあればいいの? その基準は?

視力検査表

検査表検査員をしていると、患者さんからよくこんな質問を受けます。

「視力ってだいたいどれくらいあればいいんですか?」

「視力の基準ってどれくらいなんですか?」

週一くらいの頻度でされる質問なので、気になっている方もけっこう多いと思います。今回はその問いに対する答えを書いてみました。

裸眼視力と矯正視力について

視力には裸眼視力と矯正視力というものがあります。字面でだいたいの意味はわかると思いますが、眼鏡もコンタクトもしていない時の視力が裸眼視力で、眼鏡やコンタクトを入れて「矯正」した視力が矯正視力です。

裸眼で十分見える人にとって裸眼視力は重要ですが、普段からコンタクトレンズや眼鏡をしている方にとってはさほど重要なものではありません。それらを常用する方は基本的に眼が悪いので、1日のほとんどを矯正視力で過ごします。裸眼視力についてはほぼ無視してもいいでしょう。

視力については、裸眼視力にせよ矯正視力にせよ、両目で見た時に1.0以上見えていれば充分でしょう。もし片目を隠しても1.0以上の視力が出るのであれば、かなりしっかり見えていると言えます。ちなみに、運転免許に必要な視力は両目で0.7です。

車を運転する方でも、ひとまず両目の視力が0.7以上出ていれば問題ないでしょう。見づらいという感覚があったり、逆に、もっと遠くが見たいという要望があったりしない限りは、特に度数を上げる必要はありません。視力に明確な基準というものはないのです。

裸眼視力0.1以下ってまずい?

眼科では患者さんからよく視力について聞かれます。「私ってどれだけ裸眼で見えてる?」という類いの質問は、多いですね。それに対し私が「両目とも0.08です」みたいな答え方をすると、患者さんは非常にショックを受けます。「え、私って0.1も見えていないの?」といった風に。

まあ、ショックを受けるのも無理ないですが、実際はそんなにショックを受ける必要はありません。なぜなら、コンタクトレンズや眼鏡の利用者では、視力が0.1以上ある方のほうが少ないからです。

ちょっと例を挙げましょう。視力0.1の方が視力1.0を出すためにはどれだけ度数が入った眼鏡やコンタクトレンズをすればすればいいのか。もちろん、それは乱視の程度や患者さんの眼のコンディションなどによって変わってきますが、だいたい-1.00〜-2.00くらいのレンズを付ければ、1.0くらいの視力が出せるのではないかと思います。

つまり、視力0.1の人が使うレンズは-1.00〜-2.00くらいの度数がちょうどいい。裏を返せば、-2.00以上の度数のコンタクトレンズを使っている方は、裸眼視力が0.1以下である可能性が高いということになります。

さて、ここで問題です。コンタクトレンズの度数の上限値はどれくらいでしょうか。

……何て言われてもわかりませんよね。実は私も知りません。しかし、ハードコンタクトレンズの中に-25.00以上という非常に高い度数を持つものがあることは知っています。

世の中には-20.00を超えるものすごく強い近視を持つ人がいる。……そう考えると、-2.00の近視なんてだいぶ軽いような気がしませんか? 実はかくいう私も近視の度数は-2.00くらいなのですが、正直、-2.00なんて近視の程度としてはかなり低い方です。眼科に来る方の大半は、-2.00より度数の高いレンズを使っています。

たかだか-2.00程度の近視度数でも視力は0.1を下回ってしまう。世の中には-2.00よりも遥かに強い近視を持つ人がいる。そう考えると、視力0.1以下だからといって絶望を感じる必要はないということがわかると思います。

矯正視力はどれくらい必要?

患者さんの中には、「(矯正)視力0.7って眼科さん的にどうですか、やっぱり1.0ないと駄目ですよね」なんて質問をしてくる方もいらっしゃいます。「私、コンタクトレンズを付けてても0.8しか見えてないんだー」と、やはりショックな声を挙げる方もいらっしゃいます。視力の捉え方は人それぞれです。

でも、眼科の人間から言わせてもらえば、矯正視力でも片目0.8ずつ見えていれば、充分とは言えないかもしれませんが、特に問題がないように思います。必ずしも両目を1.0以上にする必要はありません。

それに、眼科の人間がこんなことを言っては本末転倒ですが、視力なんて曖昧なものです。測る人間の感覚や、答える患者さんの性格でも、けっこう振り幅が生まれてしまうものです。

そんなことを言うと、「え、性格も関係してんの?」と思う方がいるかもしれませんが、患者さんの中には視力検査の際、欠けている方向がわからなくても無理に答えようとしてくる方もいますし、逆にものすごく諦めが早い方もいます。

もちろん眼科側の人間は、患者さんの「見える/見えない」基準の個人差ができるだけ生まれないよう視力検査を行いますが、それでもなかなか思惑通りにはいかないもので、どうしても性格による個人差は出てしまいますね。

また、視力というものはその日の患者さんのコンディションによっても変化します。具体的には、眼の乾き、眼の疲れ、精神状態、あとは天気なども影響してきます。たとえば、夜勤明けでそのまま眼科に来たような方は、疲れせいで、ちゃんと睡眠をとってきた方よりも視力が出にくくなってしまいます。

視力はあくまで一つの指標。その程度に思っておくくらいがちょうどいいかもしれません。あまり視力の数字にこだわりすぎてもいいことはないでしょう。

検査員が視力より重視するのは「満足度」

視力はあくまで指標。私は上でそう書きました。だから私たち眼科検査員は、レンズの度数を決めるにあたって、その患者さんが「どれだけ見え方に満足しているか」を重視します。

たとえ視力が1.0でも患者さんが「目が疲れる」といえば少し度数を下げる方向で調節しますし、逆に両目で0.6しか見えてなくても「私は今のままで大丈夫」と患者さんが言えば、私たちはその度数で処方します。まあ、車の運転をする方だったら最低限0.7以上の視力にはしますけどね。

よく患者さんが気にするのは自分の視力が1.0を超えているかということですが、上にも書いた通り視力に明確な基準というものはないので、必ずしも1.0以上の視力が出ている必要はありません。むしろ両目とも1.0出せていれば、視力としてはだいぶ充分な方です。

目に対してレンズの度数が高めだと、それが疲れの原因になったり、場合によっては目眩などを引き起こしてしまうこともあります。

だから眼科検査員は、R/G検査(レッド/グリーン検査)と呼ばれる検査を行なってその患者さん眼にとってレンズが強すぎないかを確認します。R/G検査とは、赤と緑の中にある二重丸を見て、濃い方はどちらかを答える検査です。

R/G検査指標

R/G検査の指標の例

この表を見たときに、赤の中にある二重丸の方が濃ければ眼に対してレンズの度数が弱く、逆に、緑の中にある二重丸の方が濃ければ目に対してレンズの度数が強いということがになります。

まとめ

視力がどれくらいあればいいのか、視力の基準はどれくらいかというのは、コンタクトレンズや眼鏡を使っている方なら(あるいはそうでなくとも)誰だって気になることです。

しかし、実際のところ「視力ってだいたいどれくらいあればいいの?」ということはそんなに重要な問題ではありません。

視力1,0というのは魅力的な数値ではありますが、いちばん大事なのは皆さんが快適に暮らせるかどうかです。運転免許を更新できるだけの視力があって、なおかつ、いまレンズを通して見える世界に満足できているのならば、そのままでいても何の問題はないと思います。