遠近両用ソフトコンタクトレンズとは? 仕組みや構造を解説

パソコンをするシニア女性

老眼が始まってしまった方にもまだあまり認知されていない遠近両用コンタクトレンズ。

このページでは、遠近両用レンズの仕組みについての説明を行なっております。

スポンサーリンク

そもそも老眼とは?

人は、近くのものを見る際に、眼の中の筋肉を働かせて水晶体というレンズの厚みを変化させ、手元にピントを合わせています。この時に働く力は調節力と呼ばれます。

老眼とは、老化に水晶体の厚みを変化させる筋肉が衰え、手元を見るのに充分な調節力を働かせられなくなった状態のことをいいます。

現状、老眼を治療したり回復したりする手段は存在しないので、老眼鏡や遠近両用コンタクトレンズなど、外部で見え方のサポートをしてくれる機器を使って対処するのが一般的です。

遠近両用コンタクトレンズとは?

老眼が始まった方向けのコンタクトレンズです。いわゆる、遠くも近くも見えるコンタクトレンズですね。普通のコンタクトレンズと違い、一枚のレンズに複数の度数が入っているので、遠くと近くのどちらかだけでなく両方を見ることが可能になっています。

遠近両用コンタクトレンズの仕組み、構造

同じ遠近両用のコンタクトレンズでも、遠くと近くをそれぞれ見えるようにするための仕組みは、ハードかソフトかで変わってきます。これから遠近両用の眼鏡やコンタクトレンズを使ってみようと思っている方は、先にこの違いを把握しておくと良いでしょう。

遠近両用コンタクトレンズにはその設計によって、交代視型同時視型の二つの型に分けることができます。交代視型は主にハードコンタクトレンズ、同時視型は主にソフトコンタクトレンズに用いられます。

交代視型について

交代視とは、視点を切り替えることによって遠くと近くを見分ける方法のことです。コンタクトレンズの場合は、主にハードに用いられます。

交代視型のコンタクトレンズは、レンズの中心部と周辺部で度数が変わります。遠くを見るときは度数の強い中心部を、近くを見るときは度数の弱い周辺部を介すことで、それぞれを見るのに最適な度数を意識的に使い分けることができます。

これは、遠近両用メガネにも用いられています。遠近両用メガネの場合は、レンズの上半分に遠くを見るための強い度数が入っており、半分から下は、グラデーションのように少しずつ度数が弱くなります。本の文字などを読む時は、レンズの下半分を介すように見ると見やすくなります。

遠近両用コンタクトレンズの場合は、顔を下に向けず(顎を引かず)、視線だけを下に動かすようにすると近くのものが見やすくなります。これを専門用語で下方視といいます。

図で見るとわかりやすいかもしれませんね。

[caption id=”” align=”alignnone” width=”320″] 下方視の仕方
(出典:TORAY公式HP)[/caption]

交代視型は、その性質上、近くを見る場合は目の高さよりも下にものがないと見づらいという弱点がありますが、その反面、見え方の良さは後述する同時視型に比べはるかに優れています。

同時視型について

[caption id=”” align=”alignnone” width=”320″] 同時視型の遠近両用の仕組み
(出典:クーパービジョン公式HP)[/caption]

同時視は交代視に比べるとちょっと複雑です。簡単に言うと「近くのものと遠くのものを同時に見て脳で見分ける」というものなのですが、それではさすがに説明不足なので、もう少し踏み込んでいきます。

部分によって度数が変わる交代視型の遠近両用コンタクトレンズとは違い、同時視型の遠近両用コンタクトレンズは、遠くを見る度数と近くを見る度数が同じ場所にほぼ重なり合うようにして入っていますこのレンズの装用者は、遠くと近くの像を同時に網膜の中に結び、脳の中で、そのうちの見たい方を選択して見ることになります。

人は、異なる距離にあるものが同時に視界に入った時に、無意識のうちに見たいものを脳で選択しています

わかりやすい例を挙げると、網戸を介して木を見ている時などがそうです。このとき、人の網膜には、網戸と木の両方の像が同時に結ばれていますが、人が実際に「見ている」と実感できるのは網戸と木のどちらか一つだけです。網膜というスクリーンに映った二つの像のどちらかを脳が認識してはじめて、人はものを「見る」ことができるのです。

同時視型の遠近両用コンタクトレンズは、この目と脳の仕組みをうまく利用して作られています。交代視型が遠くと近くのものを意識的に見分けるのに対し、同時視型は、レンズを介して網膜に結ばれた遠近二つ以上の像から、見たい方だけを無意識的に選んでいるのです。

同時視型の強みとしては、近くを見る際、対象物がどの方向にあっても見やすいということが挙げられます。交代視型は下方視をする必要があるので、眼より高い位置にある小さな文字が見づらいんです。

逆に弱みとしては、見え方の満足度が挙げられます。これはレンズの設計上仕方のないことなのですが、見え方に関しては、同時視型は交代視型に勝てません。やっぱり、「度数が重なって入っている」より「度数が部分によってはっきりと異なっている」方が、明瞭な視界を得やすいんですね。

それぞれの型の特徴

二つの型の特徴をそれぞれ見ていきましょう。

交代視型

  • 同時視型に比べ遠くも近くもくっきりと見える
  • 乱視も矯正できる
  • 近くを見る際は下方視をする必要がある
  • ハードコンタクトレンズ限定なので、利用できる人が限られる

同時視型

  • 近くを見る際も下方視の必要性がない
  • ソフトコンタクトレンズなので、ハードコンタクトレンズ利用者でも併用できる
  • 交代視型に比べ遠くも近くもなんとなくぼやけやような見え方になる
  • 乱視を矯正できない
  • 遠くから近く、近くから遠くに素早く視点を移動させた時に、ピントが合うまでに少しラグ(遅延)が生じる
  • ソフトコンタクトレンズ限定なので、同時視型に比べてどうしてもコストが嵩む
全体的に交代視型の方が有利な印象ですね。特に見え方の評判に関しては、交代視型の方が圧倒的に高いです。ハードコンタクトレンズの付け心地のために多くの方が利用できないのが残念ですね。

遠近両用コンタクトレンズまとめ

遠近両用のコンタクトレンズは、遠くと近くをばっちり見えるようにする、というよりも、遠くの視力をある程度残した状態で手元も見えるようにする、くらいのスタンスで臨んだ方が後々の不満も生じにくいと思います。