ソフトコンタクトレンズが乾く時の対策法4選

コンタクトレンズの乾きに悩む女性

このページでは、ソフトコンタクトレンズが乾くという方へ、その原因や対策法を紹介しています。乾いたレンズを眼にずっと入れているのは、気分的にも健康的にもよくありません。きちんと対策し、より快適なアイライフを送りましょう。

スポンサーリンク

ソフトコンタクトレンズはなぜ乾くか

ソフトコンタクトレンズの素材は含水性素材といい、最初から水分を含んだ素材でできています。性質としては濡れたスポンジに近いですね。

濡れたスポンジをしばらく放置しておくと少しずつ乾いていくように、ソフトコンタクトレンズも、時間の経過と共に少しずつ乾いていきます。そして周りに水分があれば、本来の潤いを取り戻すために吸い取ってしまいます。

これはレンズを眼に入れている場合でも同じです。眼を閉じていても、時間の経過と共にレンズは乾き、周りの水分(眼球上の水分)を吸収していってしまいます。

その点ハードコンタクトレンズは、元から水分を一切含んでいないので吸収することもなく、瞬きするたびにレンズが眼球上で動いて涙の生成を促すので、乾きにとても強いのです。

どのタイプのソフトコンタクトレンズが最も乾くか

基本的にレンズ1枚辺りの寿命が短いほど、乾きに弱いと考えていいでしょう。それに基づき、乾きやすい順にレンズタイプを並べると以下の通りになります。

  1. 1day
  2. 2week
  3. 1month
  4. ハード

なお、これはあくまでレンズが新品の状態での話です。レンズを長く使っていると、汚れ方や傷の付き方で劣化の差が出てくるので、この順番もあまり参考にならなくなります。

乾きに強いタイプ=良いレンズではありません。もちろん乾きに強いに越したことはないですが、医学的な観点から言えば、眼の健康上最も良いとされるのは、やはり毎日新しいものに取り替えられる1dayです。

1dayもここ数年でだいぶ乾きに強いレンズがいくつも出てきています。逆に、1monthの中でも、古いものではとても乾きに弱い製品もあります。同じタイプのレンズでも、性能は製品によってピンキリというわけですね。

ソフトコンタクトレンズが乾く時の対策法

では最後に、この記事のタイトルでもある、乾きへの対策法についてまとめていきましょう。

対策法その1「まばたきをする」

まばたきは目の乾きに対する有効な対策法の一つです。無意識に行っているようなパチパチとした軽いまばたきではなく、しっかり目を閉じる意識的なまばたきを行うようにしましょう。

まばたきには他にも、乱視のぶれを一時的に軽減したり、角膜上の汚れをぬぐい去る役割があります。PCやスマートフォンなどの画面を見つめている時はまばたきが減りがちなので、そういう時こそ、意識的にまばたきを行うようにしましょう。

対策法その2「目薬を差す」

まばたきをしても乾きが気になるという場合は、目薬を差してみるのもいいでしょう。ただし、目薬の中にはソフトコンタクトレンズとの相性がよくないものもあります。目薬を選ぶ際は、「コンタクトレンズ対応」などの表記があるものや、防腐剤が入ってないものを選ぶようにしましょう。

参考記事へのリンク張っておきます。ソフトサンティアは、眼科でも販売されている防腐剤フリーの目薬です。

コンタクトレンズが乾くという方へ「ソフトサンティア」

対策法その3「装着液を使う」

コンタクトレンズの関連アイテムとして、装着液というものがあります。これは目薬と違い、レンズを装用する前に、レンズ自体に垂らして使うものです。装着液の一番大きな役割はその名の通りレンズを付けやすくすることですが、中には保湿成分が含まれていて、乾き対策への効果が期待できるものもあります。

個人的には、アイシティの「レンズサポート」やメニコンの「メニコンフィット」などがおすすめですね。「メニコンフィット」であれば、amazonや楽天でも買うことができます。

amazonでメニコンフィットの価格を見る
楽天市場でメニコンフィットの価格を見る

対策法その4「より乾きに強いコンタクトレンズに変える」

上にも書いた通り、同じタイプのコンタクトレンズでも製品によって乾きに対する強さは大きく異なります。今使っている製品より乾きに強いものがあるなら、そちらにアイテムチェンジしてみるのも一つの手でしょう。

以下のページが参考になるかもしれません。

おすすめコンタクトレンズランキング -1day編-
おすすめコンタクトレンズランキング -2week編-