シード 2ウィークピュアの通販価格比較・詳細データ

2ウィークピュアうるおいプラス
純国産、UVカット、装用感、価格など、さまざまな魅力を持ったシードの新作。

※このページでは、シードが製造・販売を行っている「2ウィークピュアうるおいプラス」についての詳細やネット通販の価格比較などを行なっています。

2ウィークピュアうるおいプラスとは?

日本のコンタクトレンズメーカー・シードが製造・販売を行っているコンタクトレンズです。

もともと同社から発売されていた、2ウィークピュアの改良版ですね。名前に「うるおい」とある通り、新しくアルギン酸と呼ばれる海藻由来の保湿成分が配合され、乾きへん耐性が強化されています。

汚れを寄せ付けにくい両性イオンのレンズ素材と、目に有害とされている紫外線を大幅にカットくてくれるUVカット機能が特徴の製品ですね。

大手メーカーが製造・販売を行っているコンタクトレンズの中では、数少ない純国産の製品であることも特徴の1つ。2ウィークピュアは、埼玉県の鴻巣(こうのす)にある株式会社シード鴻巣研究所というところで製造されています。


出典:前田建設HP

ちなみに、シードは他にも「2ウィークファインUV」という製品も販売していますが、こちらの製造元は台湾に拠点を置く「セントシャインオプティカル」という会社なので、完全な純国産ではありません。

最近は酸素透過生の高いシリコンのコンタクトレンズが主流ですが、2ウィークピュアうるおいプラスは、純国産であることの信頼性と、すぐれた装用感、求めやすい価格などから、非シリコンでありながらも多くの方に愛用されてる製品です

2ウィークピュアうるおいプラスのデータ

メーカー シード
タイプ 2week
グループ Ⅳ(イオン性高含水)
度数範囲 +0.50~+3.00(0.25step)
±0
-0.50~-6,00(0.25step)
-6.50~-16.00(0.50step)
素材 2-HEMA,MMA,EGDUAなど(非シリコン)
枚数 6枚
含水率 58%
酸素透過係数(Dk) 30
酸素透過値(Dk/L) 33.3
レンズ中心厚(mm) 0.09mm
ベースカーブ(mm) 8.60mm
レンズ直径(mm) 13.8,14.2mm(標準は13.8mm)
UVカット 有り

データからわかること・特徴

  • 度数範囲がかなり広い
  • 透明なのに度数0がある珍しいレンズ
  • 酸素透過性にはあまり期待できない
  • 2種類の直径から選択できる(対応の幅が広い)
  • 目に有害とされる紫外線を大幅カット

2ウィークピュアうるおいプラスの評判

先に書いた通り、かつてはとても評判の良い製品でした。

他のメーカーの非シリコン2weekと比べてみても評判は悪くなく、乾きにくさに関しては、ジョンソンエンドジョンソンの「2ウィークアキュビュー」やアルコン(旧チバビジョン)の「フォーカス2ウィーク」、ボシュロムの「メダリストプラス」よりも良いと言われるほどでした。

ただ、もともとそれほど知名度があった製品でもなかったので、シリコーンハイドロゲル素材のレンズが主流になってからは、他の非シリコンに比べ早く忘れられてしまったような印象がありますね。

現在でも「シリコンではなく2ウィークアキュビューが欲しい」という患者さんは来ますが「2ウィークピュアが欲しい」という患者さんは滅多に来ません。

とはいえ、今でもこの製品を使っている方は気に入って使っていますし、新しくこの製品を選んだ患者さんに感想を求めても、つけ心地が悪いという声はほとんど帰ってきませんね。

時代の流れとともに知名度は低くなりましたが、評判自体は下がっていない。そんな製品です。

医学的観点から

酸素透過性のことを考えると、やはりシリコーンハイドロゲル素材のレンズにアイテムチェンジしていきたいところ。

ただ、シリコンのレンズは非シリコンのレンズに比べどうしても硬くなりがちなので、付け心地が不安、あるいは苦手という方は、そのまま継続して使ってもいいと思います。ただし装用時間は、あまり長くなりすぎないように。

ちなみに2ウィークピュアうるおいプラスにはレンズ直径が2つ(13.8mmと14.0mm)用意されていますが、健康的観点から推奨したいのは13.8mmの方ですね。

理由は2つあります。1つは、レンズ直径が小さい方が、レンズが角膜を覆う面積が小さくなるので、角膜が空気中からダイレクトに酸素を吸収しやすいから。もう1つは、レンズが直径が小さい方がその分レンズ全体が小さくなるということになるので、レンズが乾燥しきってしまった時に、眼球上の水分を吸収する量が少なくなるからです。

とはいえ、これは理論上の話ですし、そうは言ったところで実際の直径は0.02mmしか変わらないので実質そんなに大きな違いはないかと思います(個人的に)。ただ、少しでも眼の健康を考えたいという方や、2つ付けたけど付け心地の差がわからないという方は、13.8mmを優先的に使った方がメリットがあるでしょう。

具体的な数値での比較

他社の代表的な2weekと具体的な数値で比較してみます。

含水率

2ウィークアクエア        :38%
フォーカス2ウィーク       :55%
2ウィークピュアうるおいプラス  :58%
2ウィークアキュビュー      :58%

どのメーカーも含水率はあまり変わらないですね。2ウィークアクエアの38%という値も、特別低い値ではありません。
高含水なのでしっとりしたつけ心地があります。

Dk/L値(酸素透過性の評価値)

フォーカス2ウィーク       :16%
2ウィークピュアうるおいプラス  :33%
2ウィークアキュビュー      :33.3%
2ウィークアクエア        :38%

これも標準的な値ですね。
ただ、非シリコンなのでやっぱりどれも低め。
シリコン素材のレンズの酸素透過性は100Dk/Lを超えるものが多いので、その差は歴然です。

2ウィークピュアうるおいプラスのネット通販

メーカーによって製品をネット通販に流通させる基準は大きく異なります。

シードの場合は、既存の「ファインシリーズ」なら広くネット通販に流通させていますが、「ピュアシリーズ」に関しては、取り扱えるショップを限定しています。

ショップ セブンレンズ レンズクラス ベストレンズ レンズモード
特徴 ジョンソンエンドジョンソンの製品のみ、処方箋を提示すると割引が効きます(なくても買えます。)品揃え豊富な国内ショップです。 国内正規品を取扱っているため安全!国内店舗なのでお届けが早く、まとめ買いで送料無料になります。アットスタイルからレンズクラスに名前が変わりました。 海外に拠点を置くショップ。品揃えは普通ですが、1箱の購入からでも送料が無料になるのが魅力的です。 海外に拠点をおく老舗の輸入代行ショップ。送料や届くまでの時間がかかるのがネックですが品揃えは他を圧倒します。
価格1箱
(6枚)
最安値
2,600円
- - -
価格6箱
(36枚)
最安値
13,500円
(送料込み)
- - -
送料 全国一律540円
対象商品送料無料
全国一律450円
まとめ買いで無料!
送料無料 800円~
発送場所 国内 国内 海外 海外
処方箋 不要
※処方箋提示で割引
不要 不要 不要
備考 2ウィークピュアうるおいプラスが買える数少ないショップ。まとめ買いの箱数が多くなるほど1箱当たりの価格が安くなり、お得になります。 - - -
ショップ
詳細ページ
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら
ショップ
ページ
ショップへ行く

当サイトでは10以上のネット通販ショップを紹介していますが、2ウィークピュアうるおいプラスが買えるのはセブンレンズだけですね。

セブンレンズは、まとめ買いの箱数が増えれば増えるほど価格が安くなります。

2ウィークピュアうるおいプラスの価格比較

※表示されている価格と実際の価格は異なる場合があります。ご了承ください。

購入の際は、なるべく多くまとめ買いした方がお得ですね。

購入ページへは、以下のリンクからでも行くことができます。

セブンレンズ「2ウィークピュアうるおいプラス」の購入ページ